一般社団法人鳴門板野青年会議所 2018年度ホームページ

一般社団法人 鳴門板野青年会議所 公式WEBサイト

088-685-7376

理事長ブログ
Blog

NO74 3.11

NO74

2011年3月10日

仕事中に初めてぎっくり腰になりました。

病院に行き、薬をもらい

針治療にも行き、1週間くらい仕事休まなあかんなーって考えていました。

 

3月11日

いちお仕事に顔を出して

昼ごはんを食べ、休憩していると

家が揺れました。

震度3くらいかな

まぁ日本にいる限り地震とは切っても切れない関係なので

特別なにも思うことはありませんでした。

 

すぐにテレビから地震速報が流れてきました。

沿岸部の人は地震に警戒してください

結構おおきいやん

 

その後、津波の映像がテレビで流れていました。

徳島でも1メートルの津波が押し寄せました

 

次の日、連絡が入りました

越冬のため、県南に移動してた魚の生簀が津波の影響でめちゃくちゃになっている

潮位があがり、生簀を固定しているロープが切れていました。

もちろん魚たちにも影響があり、3000匹くらいだったと記憶してます

生簀の網にこすれてしまい、死んでしまいました。

 

水産業だけではないと思うんですが

なにか悪い事が起こると消費は低迷し、売上が下がる

水産業、特に養殖業でいうと

1年間に養殖される魚の尾数は決まっていて

それを全国で捌かさないといけません

 

低迷する中、どのように捌かすか

それは、

単価をかなり下げていかないと捌けない

 

地震と下げ単価のダブルパンチで

本当に地獄を見ました

下手したら養殖業界7割くらいが潰れると言われてました。

 

悪い事は決して起こらないほうがいい

ただ、起こってしまったことは取り返しがつかない

 

徳島においては

南海トラフ地震の発生の危険が常にあります。

特別な日だけではなく

常日頃の意識が何かを守ると信じてます

自分で自分を守る準備は必ずしておきましょう

 

NO73 第3回理事会

NO73

3月9日

第3回理事会が開催されました。

 

内容は

4月度5月度例会が中心となりました。

 

また、シニアクラブの脇先輩から

うずしお太鼓

のお話も伺い、

今後、鳴門板野青年会議所でも何かお手伝いできないかと考える機会となりました。

 

4月5月と例会事業を行う予定になっております。

 

両例会とも、

未来への投資的な例会内容となっております。

現状の課題を考え

未来につなげる

 

自分たちの考えが未来を創る

そんな機会がたくさんある青年会議所

 

とても有意義な一日となりました。

 

S__168845316

 

S__168845317

 

俺たちの意思は混じることはない!

 

NO72 お遍路

NO72

先日、お遍路事業に参加してきました

時間の都合がつかず

かなり遅れての参加でした。

 

毎年、各々のお遍路事業に参加させていただいております。

実際、鳴門市に住んでいるのですが、

遍路道からは離れたところに住んでいるので

お遍路とは縁が薄かったような気がします。

 

S__168845314

S__168845315

数か所歩かせてもらったのですが、

歩かれてるかたはご年配のかたが多いように感じました。

 

最近

ほぼ毎日

鳴門から阿南のほうに仕事にいっているのですが、

結構な方がお遍路を歩かれてるのが身に入ります。

 

お遍路文化はお接待文化と、

聞いたことがあります。

 

数年前、

ブロックの事業でお接待をやろうという事業があった際に、

飴などを袋に詰めてお配りした記憶があります。

 

この前、阿南から鳴門に帰るとき

ある洋菓子屋さんの店員さんが

お遍路さんになにか渡しているのを目撃しました。

 

企業が徳島の文化の伝承を行う素敵な光景だと思いました。

 

私の会社の前はほとんどお遍路さんは通らないのですが、

お見かけした際には何かお接待をしてみたいと感じました。

 

NO71 第1回特別実行委員会

NO71

2月8日

第1回特別実行委員会が開催されました。

 

内容は8月に開催する

釣り事業の話でした。

 

今年度第10回を迎える

釣り事業

 

今年度はこれまで9回の経験をもとに

鳴門板野の魅力を

新たな発信方法を模索し、

発信していくと決定しました。

 

時代の流れに即した

今までにない発信方法をみんなで話合いました。

 

釣り事業の

内容はブログでも随時公開していきますので

お見逃しなく!

 

S__168378371

NO70 大好きな先輩たち

NO70

先日、とある先輩から連絡があり、

鳴門板野青年会議所のメンバーのお店

福丸水産

でご飯食べるからよかったらどうですかという内容でした。

 

この数年、

専務を経験したときから

ずっとお世話になっている方たちです。

 

JCに入会して

いろいろな出向も経験させてもらったおかげで

ご縁ができました。

そんな一つ一つのご縁を

これからも大切にしていきたいと思います。

 

S__168378370

 

今度は、

鳴門板野のメンバーで吉野川の地へ行きたいと思いますので、

その際にはよろしくお願いします。

 

NO68 結局何がしたいねん

NO67

結局何がしたいねんって思うことたくさんあるじゃないですか?

信頼してたやつに裏切られたりしたときとか

裏切られるっていうか

勝手にやらかして

こっちが被害被るときとか

 

どしたん?こいつなにしたいねんって思うときがあります。

 

まぁ、自分の意見を持つ・発信するって勇気がいることやし

誰しもができることではない

 

ただ、周りが見えず暴走してしまうと

周りから結局何がしたいねんって思われると思うんですね。

 

自分の言動がそうなってしまうときは結構あると思います。

ただ、その時は気が付かず

後から気が付く

それ即ち

後悔っていうんですね。

 

後悔したらあかん

後悔するくらいやったらやれって

言う人結構います。

 

でも、自己主張の後悔って

私は虚しくなる。

自己肯定って人には疎まれる

俗に言う

KYってやつですかね

 

なんで、私は

仕事にしてもJCにしても

後悔するんは

 

もっとやれてたっていう後悔しかしないようにしています。

 

初めて担当した事業があったんですが

構築時間も短く

突貫で議案を書き、段取りし、本当にバタバタでした。

しかし当日の来場者数は

目標としてた数字の4倍くらいの方に来てくださいました。

 

メンバーからはとても評価していただき、一般市民のみなさまにも

「これぞJCにしてもらいたい事業だ」

と言っていただいたのですが、

自分の中で、

何か煮え切らない

逆にむかつく

 

もっとやれてた

 

正直、メンバーやいろいろな方に1から10まで

手取り足取りお手伝いいただきました

本当に感謝しかありませんでした

 

もっとやれてた

って彼らに失礼かもしれません。

 

でも、僕らの運動って

もっとやれてたの連続で

いい運動になっていくんではないでしょうか?

 

0から1を生み出し

1が2へ3へ4へ5へと進化させていくのが

私たち青年会議所です。

 

私たちは未来を憂い、行動し続ける団体です。

私たちはもっとやれてたと後悔できるように

本当は後悔しないほうがいいのですが

これからもたくさんの後悔を糧に様々なことに挑戦していきたいと思います。

NO69 JCやっててよかったこと

NO69

先日、とある会に参加しました。

約40名の参加者がいました。

 

その会の参加者は

県内のさまざまな業種の方々でした。

 

しかし、知ってる方が約半数以上いました。

JC関係の会ではなかったのですが、

JC関係者がたくさん参加されてました。

 

いつも会とかに参加するときは

基本一人で参加し、知らない人の中でシュンと座ってるだけなんですが

最近、参加する会する会JC関係の方と同席する機会が増えたと思います。

 

初めて参加する場に知ってる方がいるのといないのとでは

全然気持ちが違います。

 

こんな時JCやっててよかったなーって思います。

 

JCって地域だけの活動だけではなく

徳島県内や四国内の活動もあります。

 

JCに入ってなかったら絶対に知り合い・友達になることはなかった方はほとんどだと思います。

生まれた場所も違う

育った環境も違う

業種も違う

年齢も違う

 

そんな機会を与えてくれるJCに感謝しています。

JCって地域のために活動してる団体ですが、

実は自分の実りある人生の機会を与えてくれる団体なんだと最近思えてきました。

 

この感情・経験を

メンバーには共有できるようにがんばりたいと思います。

そして、新たな仲間の発掘もがんばっていきます。

 

NO67 元気ですかー!

NO67

3月に入り、天気も春らしくなってきました。

そんな中、テレビで聞こえてくる

 

春一番

 

春一番って実は

漁師言葉なんです。

もともと、漁師が漁に出ていたとき

春の突風で事故が起こったとこから来ているって説があります。

同じ意味でかつては違う言葉で表していたのですが

差別用語だったみたいで今となっては聞くことはなくなりました。

 

そんな春一番、ここ鳴門市の漁師にとって

春の訪れの知らせだけではないんです。

 

春一番が吹いたら

魚が紀伊水道から鳴門海峡の方へ登ってくる

みたいなことを言う漁師もいます

 

春の魚と言えば

鳴門を代表するあの魚がたくさん獲れるんです。

 

今年は冬が長かったため

多少時期はずれる可能性があるんですが、

4月の頭くらいには紹介できると思います。

 

ご要望もあった漁の風景と共にお伝えしたいと思います。

 

乞うご期待!

 

 

 

NO66 レーダーに反応

NO66

情報って求める人にしか入ってこない

 

昔、先輩に言われた一言です。

世の中には様々な情報が溢れている

そんな情報を精査し自分のものにすることは難しいことではないと思います。

 

職業柄か性格なのか

行政のかたと話しする機会が多いんです。

 

先日は、補助金・助成金について話をさせていただきました。

 

みなさん、補助金・助成金は活用されていますか?

僕はなるべく活用できるものは活用させていただいております。

 

これらの情報って日々の生活の中に、結構紛れていると思います。

まぁ、みつけたもん勝ちみたいな感じではあるんですが、

みつけたらすぐに私は問い合わせをします。

 

話を聞いて、活用できるかできないかは相手方に判断してもらうのですが・・・

 

よくお前の業界はいいなーとか言われるんですが

決してこの業界が優遇されているわけではなく、

転がってる情報をどのように自分のものにするのかだと思います。

 

早速先日資料をまとめ、

県庁に申請してきました。

あとは、いい結果になることを期待するだけです。

S__167411733

 

 

NO65 委員会訪問

NO65

先日、

佐川副理事長・高野委員長率いる

夢溢れる笑顔輝く委員会に参加してきました。

 

S__167411732

 

今年度、鳴門板野青年会議所では

2つの事業の開催を予定しております。

 

1つは先月、開催決定しました

今年度第10回目となる釣り事業と

もう一つはまちづくり事業の2事業です。

 

2月の理事会にて

事業の特別実行委員会が立ち上がり

近々、行われる特別実行委員会の打ち合わせを行いました。

 

基本的に私が話だすと

話が脱線しがちなんですが、

副理事長のフォローにより

軌道修正してもらいながら大枠は話ができました。

 

私たちが求められる存在であり続けるには

求められることを着実にこなしていくことだと思います。

 

決して、自分たちだけが満足するのではなく、

ある意見に耳を傾けなくてはならないのが私たち青年会議所なのではないでしょうか?

 

誰のためのJCなのか?

それは自分のためである

 

この言葉は決して勘違いしないでください。

 

彼を知り己を知れば百戦あやうからず

 

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 入会のご案内