一般社団法人鳴門板野青年会議所 2018年度ホームページ

一般社団法人 鳴門板野青年会議所 公式WEBサイト

088-685-7376

理事長ブログ
Blog

NO129 地域の観光誌

NO129

立場上、いろいろな会に参加させていただいております

その時、机の上に

その日の資料と

イベントのフライヤー

地域の観光誌をいただきます

 

地元、鳴門を始め

その他の地域の情報誌もかなり昔より凝ったものになってきていると思います

 

 

 

鳴門は鳴門の渦潮

南あわじは鳴門海峡の渦潮と表記されていました

統一表記はできないのですかね

 

私たち鳴門板野青年会議所もこれから

事業のポスター等配布する予定でございます

 

市民のみなさまにわかりやすく、一目を置かれるような

デザインの凝ったポスターの作成にこうご期待

 

NO128 恩師に感謝

NO128

高校時代に

野球部に所属していました。

当時の監督が定年退職されたということで

OB会で退職を祝う会を開催しました。

 

定年前は校長を務められていました

偉大な恩師でございます

 

私は野球部8期生なんですが、

私たちの印象は

バラバラで仲が悪かったとのことでした。

 

今はたぶん一番まとまってて仲いいんじゃないでしょうか?

 

当時はかなりやられました

正確に難ありと見抜かれてたので

ずっと草むしりさせられた気がします

でも、先生は「何をするにもプロになれ」と教えていただいたような気がします

先生曰く「草むしりは計画を立てて実行しなければ達成できない」

「草むしりは人生のようなもの」だと

言っていました

3年間の内、1年間は草むしりしてた私は

ほんとに草むしりはうまくなったと思います

そんな私を試合では必ず使ってくれた監督に感謝しております

 

 

 

そんな、先生とはJC活動でもお世話になりました

私がブロックの委員長として出向している時に

ある事業でご迷惑をお掛けし

新聞にも載ったことがありました

その時の校長先生が恩師でした。

 

なんで会ってすぐにその時のことをお詫びしました

すると、

「全国紙にまで載ったんやから知名度あがったやろー」

「がははは」

 

まぁそんな先生ですが、本当にお疲れ様でした

 

NO127 潜入してみました@東京

NO127

先日、東京に実は

とある、テレビ番組のスタジオ収録に参加してきたからです。

 

場所は汐留

3月に総会で泊まった

新橋の目と鼻の先です

 

ここに潜入しました

 

ここです。

そう、日本テレビです。

 

地元のテレビ局には入ったことはあるのですが、

キー局に入ったのは初めてでした。

 

一般人に開放されてるところもありました

 

 

そして、内部へ

 

内部はほんなに人はいませんでした

 

番組の告知はまだダメということなんで

放送直前に告知させていただきます

NO126 乗ってみたかった

NO126

前回、東京に総会で訪れた際に

乗ってみたいと思っていたものがあります

 

それが

 

 

 

まぁ今は知ってるのは東京だけではないのですが

運転手さんと話していると

オリンピックまでに全台この車両になるみたいです

今は出荷待ちだとのことでした

 

 

内装はとてもシンプルでした

でも、乗った感じ

かなり広く感じました

荷物もたくさん乗るし

徳島で見るのは何年先はわかりませんが

楽しみです

NO125 釣り事業情報ver2

NO125

釣り事業の進捗情報です。

 

今回やってきたのはここ

 

 

 

 

鳴門町漁業協同組合にやってきました

釣り事業の打ち合わせです。

 

福池組合長さん

西上釣り部会長さん

ありがとうございました

 

お二人にも先日の質問を投げかけてみました

お二人からも同じように好意に思ってもらってるみたいで

安心しました

 

今回の実行部隊は釣り自体やったことのないメンバーが多いので

一度体験してみてはという流れになり

私も含め今度体験してみることにしてみました

 

私たちは企画や段取りのことを中心にこれまで

話合いをしていましたが、

競技が始まってからのことは船頭さんからしか知ることができてなかったので

いい機会になると思いました

 

これから

実行委員会も開催し

船頭さん参加者が安心できる

環境づくりに努めてまいります

NO124 第4回会員会議所会議

NO124

4月30日に第4回会員会議所会議が開催されました。

私は所用のために参加が叶いませんでしたが、

三居副理事長に代理で参加していただきました。

ありがとうございました

 

さて、今回の会議の内容は事前配信で確認させていただきました。

ブロック大会の審議案件が中心でございました。

 

無事審議可決されたと聞きました

委員会のみなさま、おめでとうございました。

 

当日はメンバーを引き連れて参加させていただきますので

よろしくお願いします。

 

さて、第5回では鳴門板野青年会議所より副会長で出向している

佐川副理事長の担当の事業の審議案件が上がってくると聞いてます

LOMを挙げて支援のほうしていきたいと思ってますので

委員会を引っ張っていってください

楽しみにしております

 

NO123 123ダー

NO123

表題は時たま気分で決めています

 

と、いうわけで

先日飛行機内の機内誌を読んでいたところ

大リーガーの大谷選手の広告と記事がありました

 

無茶をしてみよう

今日の失敗が明日の自分の力になるから

 

挑戦する人の空には、

いつだって追い風が吹いている

 

昔、誰かは忘れましたが

「明日の自分は今日の自分より優れていると思うか?」

と聞かれたことがありました

 

当時の私は毎日毎日

ダラダラ生活するだけの人間だったと思います

 

「ほらー人間日々進歩してるんじゃないですか?」

 

その人は

「そんなわけあるかい」

「何もしてない人間が進歩するわけないやろ」

「努力しても昨日の自分のほうが優れてることはあるが、

何もしない人間はどんどん劣っていく」

 

ハッとさせられたと思います

 

そして、大谷選手の高校時代の恩師佐々木監督の教え

楽しいことより正しいことをしなさい

 

よく求人で面接しにきた方が

学生時代○○をがんばってましたとか言ってくるんですが

 

私が聞きたいのは何を我慢してきたのか

 

高校時代、みんなの遊びを断って素振りしてたとか

勉強してたとか

 

素晴らしいじゃないですか

私自身遊んでた人間ですが

今だからこそ

あの時ああしてたらとか考えるときがあります

 

楽しいより正しい

なかなか難しいですが

挑戦してみたいとおもいました

 

NO122 全国に発信する機会をいただきました

NO122

鳴門市のほうから

取材の依頼がありました

なんでも、桜鯛の取材を受けてほしいというものでした

今年に入って取材を受けたり受けなかったりしているのですが、

ネットで調べて発見したというところで

このブログで見つけていただいたのかは不明ですが

快諾させていただきました

 

取材の風景です

 

 

 

芸人さんにもきていただきました。

知ってますか?

浜ロンさんです

 

昔から好きな番組だったので受けたのもありますが

とてもいい機会をいただきました

 

後日、東京まで行き

スタジオ収録にも参加予定です

 

告知の方は

まだダメということなので

機会がきましたら

させていただきます

 

あの人に会える

がんばってきます

NO121 毎日のルーティン

NO121

イチローのバッターボックスでの仕草や

五郎丸の五郎丸ポーズなど

人によってはルーティンを大事にしているかたがいます

私自身もオカルッティックな一面もあるので

高校生の時は

試合の前にコーラをがぶ飲みするとかいろいろありました

 

今では、私生活では

前々日ついてる台には座らないとか・・・

ではなく、

会社に出社するときに

神棚に手を合わすが日課となっています

 

やはり自然相手の仕事ということで

困ったときの神頼みではないですが、

その日一日の安全を祈願しています

 

昔かの伝統を守るには

昔から言い伝えられてきているものも

大事なのではないでしょうか?

 

NO120 釣り事業情報ver1

NO120

釣り事業の進捗情報です。

先日、堂の浦漁業協同組合に打ち合わせにいってきました。

 

 

 

 

大山組合長さまから

いろいろなアドバイスなどをいただきました。

また、漁師さんからは

「鳴門を発信できるいい事業」だと

年々好評だと教えていただきましたが、

現在漁師の高齢化がすすみ

これからはどんどん参加できる人数も減っていくかもしれない

今平均年齢が75歳だと

教えていただきました。

 

この事業を通じて若者にも

なにか発信できるものを見つけ出さなくてはいけないと感じました。

 

共に作り上げることに感謝をし

次回の打ち合わせの日程調整をして終了となりました。

 

大山組合長さまありがとうございました

 

20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 入会のご案内