一般社団法人鳴門板野青年会議所 2018年度ホームページ

一般社団法人 鳴門板野青年会議所 公式WEBサイト

088-685-7376

新着情報
News

NO43 釣り事業

NO43

 

yokoku

 

 

2018年度

今年度も鳴門板野JCは

 

確定

 

 

第10回目の釣り事業の詳細は

ホームページで随時公開していきます。

 

注意:現在問い合わせは対応しておりません、問い合わせ不可でございます。

   必ずお守りください。

 

Coming Soon

乞うご期待

敬请期待

NO24 隣の芝生は青い

NO24

機会をいただき、

東かがわ市役所に行ってきました。

 

kagawa2

 

中に入って最初に思ったことは、

市民のかたの訪れる人数でした。

施設内を歩いているとすれ違うかたが多いなって印象でした。

ということは、

市民と行政の間が近いということではないでしょうか?

少し立ち止まり聞き耳を立てていると

何気ない日常会話をされていました。

ほんな会話に嫌な顔せず対応する職員さん

好印象でございます。

 

私の住み暮らす場所の役所が悪いといっているわけではないです。

たまたま機会があって訪れた東かがわ市役所

いいところだなと思っただけです。

 

逆に、自分の地域の市役所もそうであるでしょう。

kagawa1

 

kagawa3

施設内も明るく、

時間があれば寄ってみたい気持ちがわかります。

 

と、いうことで私も自分の事務室を掃除してみました。

誰でも、気軽に寄れる事務室にするために時間があれば掃除頑張ります。

 

jimusho

 

りょうしのおしごとver2~1月に食べたい魚~

NO16

先日、りょうしのお仕事ver.1にておいしい魚紹介します的なことを書いてみたら、

まだですか?とのお声を多数いただいたので、

紹介させていただきます。

 

基本的に冬の魚はなんでもおいしいです。

そんな中、今どこかで見かけたら絶対食べていだだきたいのが

こちら!

amagareo

わかるひといますか?

今回1月のおいしい魚で紹介させてもらうのは

 

アマガレイ

 

アマガレイ先生でございます。

カレイとヒラメの見分け方は

右向きがカレイで左向きがヒラメです。

覚え方はヒラメがヒダリで覚えてください。

 

スーパーとか量販店ではなかなかお目にかかれないのですが、

海鮮系の居酒屋さんとかではちょくちょく食べれると思います。

 

で、食べていただきたいのが

カレイの卵です。

今を逃したら1年弱は食べられないのであったら必ず食べてみてください。

身も産卵前は脂ものっておいしいです。

産卵後はびしゃびしゃであまりおいしくないです。

卵を口に運べば、一粒一粒が生命を感じれます。

「オレらやっぱり自然に生かされてるんやなー」

と、実感できるはずです。

amagarei nituke

 

そんなカレイも年々漁獲高が減ってきています。

原因は海水温の上昇に伴い、生息地域が北上しているからだそうです。

あと、カレイの旬は夏なので、誰かに紹介するときも1月は卵だけと紹介ください。

あいつ漁師のくせになんもしらんやんって思われるんで・・・・

 

今、私の地元北灘町は養殖わかめの収穫の目前で港は活気づいています。

2月はわかめについて書いてみましょうか。

※私はわかめ養殖はしておりません。

 

2018年度 定時総会 1月26日開催

NO15

 

先日、理事会にて承認いただきました

2018年度定時総会についてです。

 

日時 1月26日

場所 鳴門板野青年会議所会館

時間 19:00より

 

今年度は各委員会に各例会・事業において

メンバー間交流が図れることを考えてもらっております。

題して、

 

しゅうチャンピック

 

自分でいうのも恥ずかしいのですが…

というわけで、

1月定時総会では

チキチキ第1回しゅうチャンピック開催も予定してます。

各委員会対抗で競っていただくようになっておりますので、

各委員長は委員メンバーの動員を頑張ってください。

しゅうチャンピックの結果は褒章の基準にさせてもらいますので気合いいれとってください。

 

1月26日は全メンバーに会えることを期待しております。

 

第1回理事会

NO14

 

先日、第1回理事会が開催されました。

1月1日から予定者の文言がなくなり、初めての理事会でした。

9月から始まった予定者会から準備していた、

理事長所信・事業計画・基本理念・委員会基本方針・組織図・収支予算書等が

全会一致で承認されました。

あとは、1月26日の定時総会にて承認いただくだけになりました。

初委員長3名はいろんな指摘・意見はありましたが、本当にがんばったとおもいます。

1年間緊張感をもって臨んでいただけたらとおもいます。

また、委員長3回目のベテラン委員長は他の委員長の手本となるようがんばっていただけたらとおもいます。

 

そのほかに、

審議事項に1月26日開催の定時総会の承認もいただきました。

 

協議事項には2月度例会・3月度徳島鳴門合同例会が提出され、鳴門の豪傑副理事長を

中心にアドバイス・指摘がでてきました。

意見の中心は委員会の気持ちの確認作業が多かったようにかんじました。

「これはどういう意図があるの?」とか

「もうちょっと具体的に書いてくれないとわかんないよー」などなど

 

委員長のみなさんは真摯に受け取り次回の理事会に臨んでいただきたいです。

 

あと、討議事項に4月度例会が提出されました。

討議案件だったので方向性の意見が多数だったと思います。

方向性はOKという意見でしたので、

内容をより深く議案に盛り込んでいただきたいとおもいます。

 

次回理事会は2月5日となっておりますのでよろしくお願いします。

 

1 rijikai2

議案初審議に臨む、絆創造委員会 塚原委員長です。

 

1 rijikai

 

委員会訪問 2

NO10

委員会に呼んでいただきました。

 

大事な事業を担当していただく委員会です。

今回は4月度例会についての話し合いでした。

僕の委員会としての活動イメージを再度確認作業をさせていただきました。

 

その後、理事会に向けて議案書の作成を副理事長と専務とで頑張っていました。

今回初委員長ということで、専務から議案書の作成方法を伝えてました。

 

2年前、私が委員長としてブロックに出向していた際、

先輩監査から

 

「議案は歌と一緒よ」

「歌はイントロ・Aメロ・サビとか順番があってこの流れが間違ってたらいい歌ではない」

「議案書も一緒。背景があって、目的があって、手法がある。この流れがおかしかったらみんなに共感してもらえない」

 

歴だけは長く、のらりくらり過ごしていた私には衝撃でした。

なんておしゃれなことを言う人なんだと。

その節はお世話になりました。

 

これからの委員長の成長が私たちの強みになるでしょう

理事会を楽しみにしています。

 

 

 

yume2

 

右から佐川副理事長、高野委員長

yume

謹んで新年のお喜び申し上げます~メンバー一同へ~

 あけましておめでとうございます。

 メンバー皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。

 前年度、創立50周年を迎え、新たな時代へと足を踏み出し、先輩諸兄に恥じることのない団体へとメンバー全員で構築していきましょう。

 「明るい豊かな社会の実現」という私たちの夢は、一人では成し遂げることはできません。皆さんの協力があれば実現するもとの信じております。まずは目の前の課題にひとつひとつ向き合い、着実に解決していきましょう。どうか皆さん、今年もよろしくお願いします。
 新しい年が更に良い年になるよう祈念致しまして、私の新年の挨拶とさせていただきます。

2018年度 理事長 松下 周平

自己紹介と今年度の目標~メンバー数珠つなぎ~

新年を迎えどの様にお過ごしでしょうか?僕は案の定おもちの食べすぎで体重がやばいことになっています。

ここでブログ企画第1弾!!
自己紹介と今年度の目標~メンバー数珠つなぎ~
をやってみたいと思います。
途中で止まらないようにがんばります。

このブログ企画は某企画と併合しています。知りたい方はご連絡お願いします。
いらぬサプライズ申し訳ございません。

まずは自己紹介から
名前  松下 周平
役職  理事長
勤め先 山仁産業有限会社 専務取締役
    光物産株式会社 代表取締役
業種  水産業
ブリ・カンパチの養殖・小型定置網漁・水産加工品の販売・水産業コンサルタントをやっております。徳島県内では知名度が少しずつ上がってきている「すだちぶり」「うずしおぶり」やニッスイと共同開発している「姫〆ブリ」の養殖や「べっぴん鯛」などの販売・干物の加工販売を行っています。「姫〆ブリ」は県内では購入できませんが、ほかは時期もありますが、鳴門市北灘町にあるJF北灘さかな市で販売しています。ゴルフや香川にうどんを食べに行く際は興味がありましたら寄ってみてください。また、徳島に来る際も寄ってみてください。

今年度の目標
今までは自分のために生きてきた私ですが、今年は誰かのために生きていきます。自分本位ではなく俯瞰的に物事を見ることのできる男になりたいと思います。
そしてみんなとの「絆」をいっぱい作っていきたいと思いますので、1年間とは言わずこれからずっとよろしくお願いします。

次は縄田君が書くよ

市民の皆様へ~新年のあいさつ~

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。市民皆様のお陰で新しい年を迎えることができました。また、私たち一般社団法人鳴門板野青年会議所は昨年の創立50周年記念事業にたくさんの方にご参加いただきましてありがとうございました。

「明るい豊かな社会の実現」という目標に向かって活動している私たちですが、市民皆様のご理解・ご協力なくしては叶わない目標だと感じます。本年も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

最後に、2018年度も一般社団法人鳴門板野青年会議所、誠心誠意、精一杯、市民の皆様のためにメンバー一同活動してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人鳴門板野青年会議所
2018年度
理事長 松下 周平

(一社)鳴門板野青年会議所だより2018

S__156180482

1 / 212

お問い合わせ

  • お問い合わせ
  • 入会のご案内